脱毛サロン 名古屋 エステ

脱毛をすべきではない時期をご存知ですか?

脱毛サロンでの処理であっても、体調や時期により脱毛の施術をすべきではない時期というものがあります。
例えば生理中ですが、やるやらないの判断は自分で決めるものですので気をつけてください。
(もちろんサロンで教えてくれる場合があるのですが、最終的には自己責任になります)
体調が変わると施術において、自分では予想もしなかったような反応を起こすことがあります。
そのため、予約が中々取れない脱毛サロンであったとしても、体調があまりよくない時期には無理して施術をしないようにしてください。
脱毛サロンにおいて施術をしない方がいい時期というのは概ね以下のような時です。

 

薬を服用中の時
生理中
妊娠中
風邪などを引いている場合
アルコールを摂取している場合
ストレスが溜まっている場合

 

体調が万全なら本来起きない様な反応が上記の場合は起こることがあります。
施術をに熱が出る、体が熱を持つ、施術部位の腫れ、倦怠感、炎症などがその代表例です。
また、上記のような時期以外だったとしても、普段と違う体調時には施術は避けたほうがいいでしょう。

 

脱毛サロンで行われる施術は簡単なように見えても体に何らかの負担を与えます。
なんの不可も掛からない脱毛などというものは存在しません。
綺麗に脱毛をするという意味でも、健康を保つという意味でも、自分の体調と相談して脱毛をするように心がけて下さい。

 

またこういった場合、キャンセル料は基本的に発生しません。
生理中の脱毛などはほとんどの脱毛サロンで勧められていませんし、生理中のVゾーンの脱毛などは禁止されているのが普通です。
予約の日程と体調が上手く噛み合わなくても、そのことを正直に脱毛サロンに伝えて予約を変更するのがマナーです。

 

また、自分の体調が普段と違う場合、自己判断で行動せず、その脱毛サロンと相談することも大事です。
自分の体調をよく考えて、気持ちもお肌もよりよくなる為の脱毛を行いましょう。